自分に合ったスニーカーを見つけよう

Sneakers!

スニーカーをきれいに保つための手入れ法

お気に入りのスニーカーをいつまでもきれいに保つには、手入れの仕方が大切です。
汚れが気になるからと思って、頻繁に洗いすぎるなら型崩れの原因になります。
スニーカーを履いた後は、必ず叩いて砂埃を取り除きます。
すぐに靴箱にしまわないようにしましょう。
一日中履いた後のスニーカーは汗を吸収していることもあります。
最低でも翌日まで置いてから箱などに収納しましょう。
汚れが気になったなら、中性洗剤を含ませた布でふき取ります。
また重曹を溶かした水で全体を拭くことでも、汚れを落とすことができます。
このようにこまめな手入れすることで、きれいに保つことができます。
収納する際にはシューズキーパーを入れておくなら、型崩れを防ぐことができます。
また中敷きを敷くことでも、汚れにくくなるため、手入れが楽になります。
シーズンの終わりには全体を洗いたいと思うかもしれません。
やわらかいブラシを使うことがポイントです。
直射日光があたらない、気温の高い場所でしっかり乾かすようにしましょう。

生地別、スニーカーのお手入れ法

スニーカーのお手入れは生地に合った方法で行うことが大切です。
キャンバス地のものは、石鹸でもみ洗いします。
汚れが目立つところは、洗剤を付けたブラシでこすり洗いをしましょう。
ゴム部分が痛まないように、風通しの良い日陰に干します。
レザースニーカーは、専用のクリーナーやクリームで汚れを落としましょう。
人工皮革であれば、湿らせた、やわらかい布でさっと拭くだけでよいでしょう。
スエード素材のものは、まずブラシで砂や泥を落とし、クリーニングスプレーで全体の汚れを浮かしましょう。
次に、濡らした布で汚れをふき取りましょう。
汚れが落ちたら、ブラシで毛並みを整えます。
最後に防水スプレーをかけると、長持ちするでしょう。
さまざまな生地が使われている場合は、上記の方法を、生地ごとに行います。
スニーカーのお手入れは手間がかかることもあります。
しかし、その手間を惜しまないことで、靴を長持ちさせることができます。
見た目も美しくなるので、試してみてください。

Favorite

最終更新日:2016/4/1

(C)copylight 2015 BY Sneakers!