自分に合ったスニーカーを見つけよう

Sneakers!

スニーカーの基本的な洗い方

スニーカーは履くシチュエーションの多さから、汚れがとてもつきやすいものです。
色味や素材により目立ってしまったり、洗い方に迷うこともあるでしょう。
スニーカーを洗う上で大切なことは、まずその素材をよく見極めましょう。
多いのはキャンバス地や布製です。
バケツや桶にぬるま湯を用意し、その中に靴用洗剤(なければ洗濯用洗剤)を入れ、よく溶かします。
靴と紐を別々に入れ、ここで数分から数時間浸け置きしておくと、汚れが取れやすくなります。
靴用ブラシを用い、こすりながら洗います。
歯ブラシなどの小さいブラシで、布地とゴムの間の部分も洗います。
洗剤が落ちるまでよくすすぎ、しっかりと水を切ってから、日焼けしないよう日陰で干します。
皮製のスニーカーは、まず専用の汚れ取りブラシで汚れを落とします。
洗剤は皮用を使い、ブラシではなく布でこすって汚れを落とします。
スエードは水洗いできないため、スエード用消しゴムで汚れを落とし、専用の洗剤を布に取ってこすり、洗剤を落とします。
合成皮革は、キャンバス地と同じ方法で洗えますが、何度も水に浸けると表面が固くなりひび割れが入りやすくなるので、布に洗剤をつけてこすり落とす方が良いでしょう。
洗い方で靴の持ちは変わってきますので、丁寧にケアをし、お気に入りを長持ちさせましょう。

簡単なスニーカーの洗い方について

普段履いているスニーカーは一定期間が経過してしまうと汚れが目立ってしまうことがあります。
汚れてしまったならば簡単な方法での洗い方というものがあり、手洗いを行う方法と洗濯機を使う方法に分けることができます。
どちらの場合でも、事前にスニーカーの汚れをある程度落としておくことが大切です。
ブラッシングなどを行って、泥汚れなどを除去することになり、紐やインソールなども取り外すことも忘れずに行いたいものです。
手洗いの場合では普通の洗濯用の液体洗剤とスポンジを用いて水洗いを行う方法があります。
洗濯機を使う場合ではスニーカー用の洗濯ネットというものが販売されているので、ネットに入れた状態で洗濯機を利用する方法です。
洗い終わったならば、乾燥させることが必要ですが、炎天下の日干しは避けることが必要になり、できるだけ風通しの良い場所に干しておくことが良い方法です。
細かい部分の汚れ対策には、歯ブラシなどを使うと意外と簡単に汚れを落とすことができます。

注目サイト

最終更新日:2016/2/19

(C)copylight 2015 BY Sneakers!